村上市の歯科ならインプラント・矯正・歯周病治療から予防・審美まで幅広く対応できる【滝澤歯科医院】へ

滝澤歯科医院 〒958-0833 新潟県村上市掘片3-23 滝澤歯科医院 TEL 0254-52-3003

診療のご案内 
 ・診療時間
午前 09:00~12:30
午後 13:30~17:30
 ・休診日
 木曜日・日曜日・祝日

   
 
 
 
 
 
 
 
   
   
 
 
 


歯周病治療


 「歯周病」とは、歯を支えている顎の骨が溶かされてしまう病気です。

歯周病は歯を失う最大の原因で、35歳以上の日本人の約80%の人が罹患しているといわれています。歯周病の初期は「痛い」「歯ぐきが腫れた」などの症状が出ないことが多いため、気づいた時にはすでに進行してしまっている場合が多いという特長があります。歯ぐきから出血する、口の中がネバネバする、口臭が気になる、などの症状に気づいたら、早めの診察を受けましょう!

 歯周病についての詳しい説明はこちら
 歯周病治療の手順
 1.歯周病の精密検査
歯周病は高血圧などと同様な慢性疾患です。現在の歯周病の進行状態を詳しく把握し、適切な治療を行うことはもちろんですが、どうして歯周病が発症・進行してしまったのかという原因を把握してその原因を除去することがとても重要になり、これを行わないと治癒したはずの歯周病がまた再発してしまいます。滝澤歯科医院では、精密検査の結果をわかりやすく患者さんに説明し、治療と再発の予防に最善を尽くします。
 ①歯周精密検査・口腔内写真検査・レントゲン検査
     
 歯ぐきの腫れ、顎の骨の状態などを詳しく知るための検査です。 
 ②位相差顕微鏡による細菌検査・磨き残しの染め出し検査
     
 歯周病の原因である細菌を詳しく調べる検査です。 
滝澤歯科医院では、最新の位相差顕微鏡による細菌検査を導入しております。
細菌検査についての詳細はこちら
 
〒958-0833
新潟県村上市堀片3-23
滝澤歯科医院
TEL 0254-52-3003

診療時間 午前9:00~12:30
午後1:30~5:30

休診日 木曜・日曜・祝日

乗用車6台駐車可能

    
携帯サイトはこちら
http://katy.jp/takizawa-dc/
当院はバリアフリーです。

 2.歯周病の治療
歯周病の原因、進行度は各個人で大きく異なります。滝澤歯科医院では、歯周病の精密検査の結果をもとに患者さんそれぞれにあった治療計画を提案し、治療を進めます。治療は、担当の歯科医師および歯科衛生士がチームで行います。また、治療に際し、ご説明(カウンセリング)の時間を設けております。ご希望やご不明な点など、お気軽にご相談いただき、安心して治療を受けていただけるように心がけております。
 ①急性症状の治療、歯周病の原因除去、口腔内環境の改善 

歯周病により痛みや腫れが強い場合は、始めに症状を抑える治療を行います。

歯周病などの問題がある場合、現状としてお口の中の状態、および全身状態や生活習慣が歯周病が進行しやすい環境になっていることがほとんどです。この環境を改善せずにただ治療を行っただけでは、のちにまた再発してしまうことがほとんどです。

ですから、
始めにこの環境を改善し、歯周病が進行しにくい環境に変えたうえで治療を行うことが、歯周病の再発を防ぎ、歯を長持ちさせるには不可欠です。

歯周病の原因や進行度は人により様々です。滝澤歯科医院では、担当の歯科衛生士がそれぞれの患者さんに合わせた予防法をご提案し、行っていきます。
 
 
 ②スケーリング(歯石除去) 
歯垢が長期間維持されることにより、石のように硬くなり歯石となって歯にこびりついてしまった場合は、歯ブラシだけでは除去できません。様々な機械を使用し、丁寧に除去していきます。歯ぐきの奥深くまで歯石がついてしまった場合は、歯石除去に伴う痛みを最小限に抑えるため、複数回に分けて歯石除去を行います。 
     
 ③歯周外科手術
歯周病の進行が重度の場合、歯ぐきの手術が必要となることがあります。症例によりエムドゲインゲルを使用した歯周組織再生療法を用いることで、破壊されてしまった顎の骨を再生させることができます。
 ④定期的メインテナンス(歯周病サポート治療SPT)
治療後の良好な状態を維持し、生涯にわたっておいしいお食事ができるようにするためには、毎日のご自身でのケアと、歯科医院での定期的なメインテナンス・検診が欠かせません。

滝澤歯科医院では、自分で自分の歯を守っていけるような予防法を身につけていただくとともに、歯科医院での定期的なメインテナンスを行っていくことで、皆様の毎日の健康にお役にたてればと考えております。


3か月に1度の定期的メインテナンスで快適な毎日を送りましょう!
 
 3.実際の治療例
  <症例1>
治療前 : 全額に歯石沈着、歯肉発赤・腫れが認められ、
歯茎からは出血・排膿も認められました。



除石後: 歯茎からの出血・排膿もなく良好です


<症例2>
治療前 : 下の前歯の裏側。
歯茎の腫れが著明で歯周病にかかっています。
歯は動いて隙間ができています。
治療後(2ヶ月後) : 同じ部位
歯茎の腫れが治り、
歯は元の位置に戻りました。


<症例3>
治療前 :
レントゲンでは根の先まで骨の吸収が起こって
おり、歯の動揺が認められました。
口腔内は歯茎が腫れ、出血・排膿があり
急性症状で痛みを伴っていました。
治療後1年経過 :
レントゲンでは新しく骨が出来ている
のがわかります。歯の動揺もなくなり
ました。歯茎の腫れ、痛みもなく、
出血・排膿もありません。


<症例4>
治療前 : 上の前歯のレントゲン
歯を支えている骨がとけて歯が下がってきていて
隙間もあいています。
治療後1年経過 :
レントゲンでは新しく骨が出来ている
事がわかります。
隙間もなくなり歯の位置が元に戻って
います。


<症例5>
治療前 : レントゲン検査では全体的に歯を支えている骨がなくなって歯が揺れている状態。
重度の歯周病にかかっていました。

 

治療後 : 3年後のレントゲンでは新しく歯を支えている骨でき、歯の揺れもありません。
           

歯周病についての詳細はこちら

歯周病治療についてのご相談、気になる症状がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

 
Copyright 2006 TAKIZAWA DENTAL CLINIC Co.,Ltd.All Rights Reserved.